トップ > お知らせ > 山形県産科セミオープンシステムへの参加について(お知らせ)
  • お知らせ

お知らせ

山形県産科セミオープンシステムへの参加について(お知らせ)

1 山形県産科セミオープンシステムへの参加理由

 山形県では、妊婦さんにとって便利で、かつ、安全・安心な出産ができるよう、サポートするため、2019年1月から村山地域において「山形県産科セミオープンシステム」を始めました。
 また、天童市民病院の産婦人科の医師が2019年度をもって定年退職となることを踏まえ、2020年2月末日をもって天童市民病院における分娩の取扱いを終了して「山形県産科セミオープンシステム」に参加し、2020年3月以降は、妊婦健診を含む婦人科業務を行います。

2 山形県産科セミオープンシステムの概要

(1) 山形県産科セミオープンシステムは、「妊婦健診は通院が便利な近くの医療機関で、お産は医師の配置や設備が整った分娩施設で」をコンセプトとして創設された山形県の周産期システムです。
(2) このシステムでは、まず、妊娠の診断を受けた医療機関から共通診療ノートが発行されます。妊婦の方は、この共通診療ノートを持参した上で、妊娠の初期(妊娠12週ごろまで)は、妊婦健診を希望する医療機関を受診し、健診を行います。
(3) その後、妊娠20週ごろと30週ごろに分娩を行う予定の医療機関において妊婦健診を受けていただく以外、妊娠33週ごろまでは、近くの医療機関において妊婦健診を行います。なお、この期間は、共通診療ノートにより妊娠に関する診療情報を共有し、妊娠34週以降については、分娩の準備を行うため、分娩施設において妊婦健診を行います。
 ※ なお、詳細は、別紙「産科セミオープンシステムについて」をご覧ください。

産科セミオープンシステムについてPDFファイル(481KB)

3 山形県産科セミオープンシステムにおける分娩施設

(1) 山形県立中央病院
(2) 山形済生病院
(3) 山形市立病院済生館
(4) 山形大学医学部附属病院

4 山形県産科セミオープンシステムのリーフレット及び参加施設一覧

 別紙の「安全安心な出産のために 産科セミオープンシステムをご利用ください」及び「産科セミオープンシステム導入モデル事業 参加施設一覧」をご覧ください。

安全安心な出産のために 産科セミオープンシステムをご利用くださいPDFファイル(333KB)

産科セミオープンシステム導入モデル事業 参加施設一覧PDFファイル(33KB)

天童市民病院 〒994-0047 天童市駅西5-2-1 TEL 023-654-2511(代) FAX 023-654-2510 個人情報保護方針 copyright Tendo City Hospital.